海女採り岩牡蠣「珠姫」10個セット

価格: ¥15,500 (税込)
[ポイント還元 155ポイント~]
販売期間: 2017年05月01日00時00分~
2017年07月06日23時59分
メーカー: JFいしかわ
型番: ama-iwagaki
数量: セット
在庫: ×

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

海女さん

海女さんは、海の番人

海女漁の女性たちは、たくましく働き者だ。最高齢現役は90歳を超える。「17~18歳頃から漁に出るし、子どものときから遊びで潜っとる」。若い人からベテランまで年齢層は幅広い。海女漁をする人は輪島の海士町の住民だけで200名ほど。一地区でこれだけの海女を有するのは日本一とか。

海女さんは自分の肺活量だけで、一回で一分ほど潜る。心臓が強く、息が長く、視力が良いのが海女の条件。深く潜れば潜るほど、水圧が増し水温も下がる。障害要因は、小さい頃から経験を重ねることで鍛えている。それでも「深いところは若いもんに任せる」。

舳倉島産の海女採りアワビやサザエ、岩牡蠣は年々人気が高まっている。岩牡蠣は、夏の牡蠣として最近でこそポピュラーになってきたが、昔は流通に乗っていなかったので、地元でしか食べられていなかった。

ここ数年、地球温暖化の影響か海女さんたちの収入源である岩牡蠣やアワビ、サザエの収穫量が減っている。収入を補うため、天然わかめや海藻も採り、漁を続ける。酸素ボンベを背負わない素潜り漁は、採る量に限界がある。海からの贈り物を採りすぎないよう見張りながらの海女漁は、くらしと漁とが一体となった地域の文化や共同体の維持につながっている。

その名のとおり岩のような見た目、でも中身は超レアなうまさ

輪島の海女さんたちが素潜り(酸素タンクなどをつけずに自分の呼吸だけで潜ること)で採ります。かたちのよさと特大サイズを厳選したものを、前田利常の正室珠姫にちなんで「珠姫」と名づけています。ボリューム感とコクのある濃厚な味は、岩牡蠣ならではです。 岩のような殻を割るには、ちょっとしたコツがあります。金槌と軍手を準備して、くれぐれもケガに注意してください。

天然ものの証!

殻いっぱいに詰まった乳白色の身は、大ぶりでぷっくり。産卵を控えて生殖腺が大きく発達し、ぷりぷりとした食感とともにとろりとしたコクのある風味。この味わいは冬の牡蠣にはないもので、「夏の岩牡蠣は卵を食べる」と言われるくらいクリーミィ。岩牡蠣は冬の真牡蠣より味が濃いことから「海のチーズ」と呼ぶこともあります。濃厚でクリーミィな夏の牡蠣です。 これから夏に向かって徐々に身が太り始めていき、 7月下旬~8月上旬ぐらいが身入りのピークとなります。

海を食べているみたい

海藻や小さな貝などが付着していることがありますが、これも天然ものだから

岩牡蠣の殻の開け方

●準備するもの
たわし
軍手
牡蠣ナイフ または マイナスドライバー
金槌 または ペンチ キッチンバサミなど
新聞紙


1. 牡蠣の表面を洗います
洗浄して出荷していますが、殻の間に入り込んだ海藻や小さな虫までは取り除けません
かタワシでゴシゴシと洗います

2. 新聞紙を敷き、その上に牡蠣が動かないように濡らしたタオルを敷きます
牡蠣の平らなほうを上に向けて置きます
殻の細いほうを左手で押さえます

3.上になった殻のフチをよく見て、合わせ目を探します。(ここが一番のポイント)
 隙間の斜め上からカキナイフを差し込み、横移動させ隙間の間隔を広げます
合わせ目が見つけにくい場合は、金槌などでたたいて隙間をつくります

4.上の殻に添ってカキナイフを奥のほうまで動かし、手前に戻すを何度か繰り返します。 殻についている貝柱を切る要領で行ってください。

5.貝柱が切れたら、持ち上げて殻を開けます。

6.殻を開けて、下の殻についている貝柱もカキナイフではがします。

7.流水でよく洗います。殻のセメント質や細かな破片が飛び散って付着しているので、よく洗って取り除いてください。少々洗ったくらいでは、岩牡蠣のエキスは流れ出ません。

※カキナイフを使うときは、ナイフの進む方向に手を置かないようにしてください
※カキは一つひとつかたちが違います。どちらが平たい側か判断が難しければ、目で見て牡蠣らしいもようがあるほうが上だと覚えておきましょう。

命をかけていのちを獲る、海女さん天然能登岩牡蠣

岩牡蠣漁が始まりました。海女さんによる素潜りの岩牡蠣漁です。素潜りとは、海女さんが酸素タンクなどをつけずに自分の呼吸だけで潜ることです。肺活量が大きくて体が丈夫であることが海女さんの条件。

海底の岩にがっしりとくっついた岩牡蠣をバールで起こすのは一苦労で、 アワビを獲るよりも大変です。 天然岩牡蠣漁は、少し前まで能登半島などの一部の地域に限られていました。 能登半島の柴垣海岸では昔から「夏牡蠣」として知られており、 輪島の海女さんたちもアワビやサザエの生産量の低下を補うため獲るようになりました。

魚介類の乱獲にもつながるダイビング用ボンベの導入には、 多くの海女さんが反対しており、 350年以上続いている素もぐりの“海女漁”は、 海女さんたちの仕事に対する誇りです。 すばらしいです。命をかけて、命を獲る。 こうやって食べ物は私たちの元に届けられるのですね。

商品説明

"岩のようなごつごつした殻の中には、ぷっくりと太った乳白色の身が詰まっています。その大きさと言ったら、一口では納まりません。何もつけずにそのままで、お好みでレモンを絞ってもOK。クリーミィで潮の香りが口いっぱいに広がります。 輪島の海女さんたちが素潜り(酸素タンクなどをつけずに自分の呼吸だけで潜ること)で採ります。かたちのよさと特大サイズを厳選したものを、前田利常の正室珠姫にちなんで「珠姫」と名づけています。ボリューム感とコクのある濃厚な味は、岩牡蠣ならでは。

商品仕様

製品名: 海女採り岩牡蠣「珠姫」10個セット
型番: ama-iwagaki
メーカー: JFいしかわ
製品重量: 480g

送料について

海女採り岩牡蠣「珠姫」10個セット

価格: ¥15,500 (税込)
[ポイント還元 155ポイント~]
販売期間: 2017年05月01日00時00分~
2017年07月06日23時59分
メーカー: JFいしかわ
型番: ama-iwagaki
数量: セット
在庫: ×

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

        
商品名 海女採り岩牡蠣「 珠姫」10個セット
お届け内容 岩牡蠣約480g×10個
原材料 岩牡蠣
賞味期限 出荷日含め7日間
お届け日数 3営業日
その他 送料別途・宅配便
産地 石川県
生産者 JFいしかわ

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

赤色の日はお電話でのお問い合わせをお休みさせていただいておりますのでご了承ください(お買い物は可能です)

●週末の定休日に到着をご希望の場合は、配送の手配の関係上、遅くとも金曜日の午前10:30までにお申し込みをお願いします。




当サイトはSSL暗号化通信に対応しております。 ご注文内容やクレジットカード番号など、お客様の大切な情報は暗号化して送信されます。

能登半島の魚をいっぺん食べてみまっし、ぷりぷりぞいね

ご来店いただきありがとうございます。私たちFのさかなチームは、能登からさかな文化とさかな情報を発信する情報誌『Fのさかな』を制作しています。誌面で取り上げたとっておきの能登の魚介、お取り寄せでしか食べられない厳選した能登の味をお届けしています。


店長日記はこちら >>

能登からお得なさかな情報をお届けします。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ